成長痛

成長期の子供によく見られる「成長痛」。成長痛は鈍い痛みから激しい痛みなど、子供によって感じ方が異なります。成長痛は何が原因なのか、どういった時に起こりやすいのかをご紹介いたします。

成長痛は年齢によって起きる頻度と、その原因も各年齢で違うようです。こちらでは年代別でご紹介していきますので、成長痛で悩まされているお子様がいらっしゃる方はどうぞご覧ください。

成長痛とは?

成長痛の足の痛み

成長痛とは正式な病名などではなく、成長期の子供の足の痛みを総称してそのように呼びます。主にふくらはぎ、太もも、足の関節、すねなどに痛みを感じやすいです。痛む場所はその時々で変わったり、痛みの度合いも日によってバラバラです。

よくオスグッド病やシーバー病など子供に多いスポーツ障害も成長痛の一つとしてとらえられることがありますが、実際には同じものではありません。

スポーツ障害は外部から繰り返し力が加わることで起こりますが、成長痛はストレスなど精神的な起因が強いと言われているためです。例えば、大人でもストレスが溜まると偏頭痛や腹痛など体に何らかの不調を感じやすいですが、子供の場合はそれが足の痛みとして顕著に現れるようになります。ただ、大人のストレスとは異なり、子供は思春期に向かうにつれて、環境による変化などが起因とされています。

成長痛を感じやすいのはどの年代?

成長痛は2~14歳までの年齢で見られやすく、初めに3~5歳までが成長痛を感じやすくなっています。一次成長痛であるこの年齢は、自立を求められる年齢になりつつあるため、成長痛を感じやすいと言えます。例えば食事やお風呂、歯磨き、遊びを中断して授業を受ける、学校への通園・集団生活など、慣れない生活リズムを規則正しく行うことをストレスとして感じてしまいます。

その次に成長痛を感じやすい年齢として、12歳以降にまた痛みが出てくる場合があります。この時期は友人関係や先生との関係をはじめ、異性関係や親子関係でのストレス、習い事や部活などでのストレス、高校受験のプレッシャーなど、様々なストレスが足の痛みとなって現れるのです。

一般的には小学校高学年生や中学生に頻繁に起こるようなイメージがあると思いますが、実際にはもっと低い年齢で成長痛が始まる傾向にあります。成長痛を和らげるには、普段からストレスを溜めないようにすることが大切です。

※成長痛を緩和するストレッチ方法はこちら

成長痛でお悩みなら城戸整骨院へご相談を

成長痛の診察前に記入するヒアリングシート

足の痛みなど成長痛で悩まされている方は、城戸整骨院にご相談ください。成長痛と思っていたら、中にはスポーツ障害だったというケースもあります。なぜなら、成長痛の特徴とスポーツ障害の特徴が似通っているところがあるためです。

城戸整骨院ではスポーツ外傷などスポーツに特化した施術を行っており、事前のヒアリングに時間をかけています。一人ひとりに合った適切な施術を提案していますので、まずは詳しく不調の内容についてお聞かせください。

アフターケアもしっかりと行っていますので、日常生活の動きやクセを見直すことにもつながります。

成長痛でお悩みなら城戸整骨院をご利用ください

店名 城戸整骨院
代表者名 城戸 貴司
住所 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目7-1 WESTハイツ103
TEL 06-6482-3222
営業時間 8:30~12:00/15:30~20:00
※土曜日は17:00まで・日曜日は要相談で対応
定休日 水曜午後・祝日午後
最寄駅 JR尼崎駅から徒歩2分
事業内容 整骨院
許可・資格 柔道整復師
URL https://sportsinjury-amagasaki.com
PAGE TOP