「最近、かかとや膝など足の痛みで悩まされている」という方は、成長痛もしくは骨端症の疑いがあるかもしれません。成長痛と骨端症は似ているため、どうしても判断が難しいところがあります。

成長痛と骨端症の違いについてご説明いたします。また、骨端症の改善方法も併せてご紹介しますので、ぜひともご参考になさってください。なかなか良くならない足の痛みでお悩みなら城戸整骨院へ。

成長痛と骨端症の違いとは?

成長痛と骨端症の違いついて疑問に持つ女性

成長痛と骨端症は共通している項目が多いため、どうしても混同されやすいです。こちらでは共通している項目を見ていきながら、両者の具体的な違いをご紹介していきます。

共通している項目

  • かかとや膝など足に痛みを感じやすい
  • 痛みが生じやすい年齢がほぼ同じ
    成長痛:2~14歳
    骨端症:かかと(小学2~5年生)、膝(小学4~中学3年生)
  • 痛みが時々生じる
    成長痛:夕方から夜間に痛みが出る
    骨端症:歩いたり、走ったりすると痛みが出る

異なる項目

  • 成長痛:ストレスなど精神的なものから痛みが生じることが多いです。ストレスを解消することで痛みが緩和されることがあります。
  • 骨端症:ジャンプやランニングなどでアキレス腱が継続的に引っ張られ、成長軟骨が刺激されたり、炎症が起きたりすることで痛みを感じやすくなります。

上記を見てもわかるように、特徴は似ていても痛みの発生原因が大きく異なるのです。ご自身の判断だけではどちらかはわからないため、専門家に相談することをおすすめします。

骨端症を改善する方法

子供達の様々な靴

足に負担の少ない靴を選ぶ

骨端症は足に負担がかかることで起きやすいため、まずは足への負担を減らすことが大切です。できるだけ柔らかい靴底のものを選ぶ、または靴底に柔らかい素材のインソールを入れるなど、地面からの衝撃を和らげることがポイントです。

運動は一旦休止する

運動の頻度や強度を抑えていきながら、できるだけ足を安静に保つようにしてください。それでも、歩くだけでも常に痛みが生じる場合は、骨端症が重くなっていることが考えられるため、運動は一旦休止するようにしましょう。

運動前・運動後のケアに配慮する

運動前にはふくらはぎやすねの筋肉、アキレス腱への負担を減らすためにも、ストレッチで筋肉の緊張をほぐしておきます。また、運動後は筋肉疲労を残さないためにも、アイスマッサージをして筋肉のほてりを抑えましょう。

骨端症などスポーツ傷害(スポーツ外傷・スポーツ障害)でお困りなら城戸整骨院へ

成長痛と骨端症の違いと骨端症の改善方法についてお伝えしました。骨端症などのスポーツ障害は、運動前の準備運動や運動後のケアなどが不十分で起こることがあります。スポーツによるケガや炎症を防ぐためにも、正しい知識を身につけるようにしましょう。

城戸整骨院では、学生を対象にスポーツ傷害(スポーツ外傷・スポーツ障害)に対する施術を行っています。なかなか良くならない足の痛みでお悩みの方は、城戸整骨院へご相談ください。

何が原因で痛みが生じているのか、カウンセリングや体のチェックを通して探っていきます。施術後には痛みを繰り返さないように動きのアドバイスも行っていますので、適切な回数で通っていただくことが可能です。

成長痛で足の痛みがある方は城戸整骨院にご相談を

店名 城戸整骨院
代表者名 城戸 貴司
住所 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目7-1 WESTハイツ103
TEL 06-6482-3222
営業時間 8:30~12:00/15:30~20:00
※土曜日は17:00まで・日曜日は要相談で対応
定休日 水曜午後・祝日午後
最寄駅 JR尼崎駅から徒歩2分
事業内容 整骨院
許可・資格 柔道整復師
URL https://sportsinjury-amagasaki.com
PAGE TOP